【決戦平安京】大陰陽師による万年竹のおすすめビルド・立ち回り

S1/S2/S3共に大陰陽師による決戦平安京の忍【万年竹】の使い方をご紹介します。

万年竹とは?

万年竹の評価
攻撃力
(5.0)
突撃力
(3.0)
耐久力
(2.5)
操作性
(2.5)
初心者おすすめ度
(3.0)
価格9888 銀貨
召喚符38枚 (670円相当)
日本の声優立花慎之介
中国の声優 辺江
読み方 まんねんたけ

初心者が使ってもある程度の性能は発揮できるものの、お散歩になりつつある人が多いです。

特徴

  • 追加ダメージのパッシブ
  • 物理貫通のスキル1
  • 高回転の優秀なダメージソースなスキル2
  • 壁抜け可能なスキル3
  • ぶっ壊れ性能のどこでも移動できるのスキル4

修正情報

究極スキル「竹影凌雲」
终极スキル発動期間中には、スキル3「竹風・疾」と终极スキル「竹影凌雲」のみが使用可能となる。

2018/10/15

万年竹は究極スキル「竹影凌雲」で、戦場を超えて味方に支援でき、そして頻繁な移動で敵に圧力をかけるので、壁の上での移動段数を調整しました。そのかわりに天生パッシブ「竹の囁き・息」を強化しました。

天生パッシブ「竹の囁き・息」
節気回復に必要の移動距離を60ヤードから45ヤードに調整しました。
HP回復の追加攻撃が70%から100%にアップする。

究極スキル「竹影凌雲」
最初の移動段数を6段から4段に調整しました。
スキル3「竹風・疾」のCD時間を6秒から5秒に調整する。

2018/11/09

万年竹が前期における戦闘力と適応性、ダメージ力が優れていて、忍タイプ式神の中でかなり強い派ですので、その爆発力を調整しました。

天生パッシブ「竹の囁き・息」
追加ダメージの+14レベルを+10レベルに調整しました。

スキル2「竹気・穿」
強化される前の物理ダメージを30/60/90/120/150(+100%攻撃)ポイントから24/48/72/96/120(+80%攻撃 )に調整しました。
第二回強化のダメージを39/78/117/156/195(+130%攻撃)ポイントから45/90/135/180/225(+150%攻撃)ポイント。

万年竹のスキル情報

パッシブスキル

竹の囁き・息:CD0秒
 移動時に節気を回復し、節気が溜まると次のダメージに物理ダメージを追加し、自身のHPを回復する

スキル1

竹剣・破:CD0秒
  万年竹のスキルが目標に命中すると、ダメージを与えた時10%防御無視を4秒間付与する。

 スキル2

竹気・穿
  CD:3.2秒 MP:0
剣を前に突き出し範囲内の敵に物理ダメージ速度減少1秒を与える。目標に命中するとスキルは7秒間強化される。強化1段階:スキルの射程が500、ダメージが15%アップする。強化2段階:射程距離が550、ダメージが30%アップ、命中した敵に0.75秒間のスタン効果を与える。

スキル3

竹風・疾
 CD:6秒 MP:0
前方に一定距離突撃し、進路上の敵に物理ダメージを与える。敵の式神に命中するとスキルのCDが0.5秒、他ユニットに命中した場合、CDが1秒まで短縮される。

スキル4

竹影凌雲
  CD:70秒 MP:0
式神からダメージを受けず、式神にダメージを与えなかった場合、5秒後壁に登り、壁の上のみ移動可能。壁に上った際隠れ身状態になり、バリアを獲得する。再度このスキルを使用すると指定位置へ物理ダメージ速度減少1.5秒を与える2秒間敵の近くにいる場合、隠れ身状態が解除される

万年竹のスキル取得方法

スキル2⇒スキル3⇒スキル1⇒スキル2

霊呪

霊呪おすすめ度 備考
瞬歩 ★★★★★ ほぼ必須
降魔 ★★★★★ 必須

陰陽術

万年竹の立ち回り

スキル2、スキル3共に攻撃目標に当てないと性能を100%発揮できないのではずしてはいけません。

スキル4⇒スキル3で移動⇒スキル2で敵へ着地⇒通常攻撃⇒スキル2⇒通常攻撃⇒スキル3⇒スキル2⇒スキル3のループです。

可能な場合はスキル2の強化を事前に行い、7秒以内のスキル4から入ると比較的簡単にキルが取れます。森モンスターで調整するといいでしょう。

注意
【スキル3】は最長距離まで突進しますので、打ち方をミスすると相手より遠ざかる可能性があります。

圧倒的にお散歩しているだけの万年竹をよく見かけますが、アグレッシブにスキル4で壁に上り一人の式神を狙って倒しにいきましょう。壁の上では隠れ身状態で敵からは見えないので一方的にいい状況から仕掛けられます。

Youtubeフル版

万年竹のおすすめ装備

中国鯖ランカー

2018/08/09現在

日本鯖ランカー

2018/08/09現在

おすすめビルド

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です