【決戦平安京】最低限これだけは覚えておこう!資質戦について

決戦平安京の資質戦についての仕組みを紹介します。

特にドラフトピックが始まる大属からは仕組みを理解していないと最初は戸惑う部分があると思います。

大属になる前に一度復習しておくと良いでしょう!

レート帯別の特徴

初心者・見習い・修業

レート減少無し

たくさん試合をすれば自然とレートがあがります。

この間にいかにうまく立ち回るかを練習しましょう。

味方はAIだと思いましょう。

連携を期待してはいけません。

自力で倒して、自力で逃げれない場合は集団戦は自分から起こすのはやめましょう。

 

基本的な操作方法を学んだら森に挑戦しましょう。

森はかなり重要な要素です。

大属までなら森で簡単に上げることができます。

得業 

レート減少有り

負ければ炎が減りレートが減少します。

ここからは使う式神を絞りましょう。

 

出来れば巫(ミッド)、忍(森)、射(ADC)は抑えておくと良いでしょう。

サポートは巫で代用でき、トップは人気なので誰かするでしょう。

MEMO
自力で試合を動かすなら鴆森しかありません。それ以外ではどうしようもない試合が多いです。

小属

一番萎えるレート帯かもしれません。

無駄に知識があり、変な動きをする味方が現れ始めます。

  • 変なタイミングのタコ・オロチ・ネンジュウによる逆転負け
  • 永遠とレーンを押しているトップ
  • MMORPGと勘違いしているレーナー etc

 

かなりの逆境ですがここでも【鴆森】です。

またはPTプレイであげるのも1つの手です。

注意
PTプレイを否定はしませんが、結局ソロプレイで落ちるのであまり意味がないかもしれません。

ミッドか森でなんとかするしかありません。

対面に負けないのは当たり前として、工夫してガンクや森を荒らすテクニックを練習しましょう。

大属 

ドラフト制度有

少しマップに茂みが追加され、多少マップが広くなります。

使用禁止式神をお互い2体ずつ計4体選ぶ方式です。

ここから少しだけまともな試合が出来るようになります。

 

自分が選ぶ権利が味方より上だった場合でも下位の選択者が場所を合わせず、森がいない、ミッドが複数、サポートなしなどなんでもありです。なので下位選択者が何か希望を出しても基本味方は信じず自分の使える式神をプレイするほうがいいケースが大半です。

小見 

視界の仕様追記

野良妖怪がかなり硬くなり、オロチを倒して出てくる野良妖怪はぶっとんだ硬さになります。

 

序盤から大属ではあまりない森荒らしがかなりあります。PTプレイ前提の荒らしな為、味方がよらず一方的にやられるか、うまい味方でフォローが決まりそのままカウンターで勝利など一方的な試合が多いです。

ただよくオロチ失敗による逆転がみられるのも小見の醍醐味の1つでしょう。

大見 

ソロプレイのみ

特定のチームを回避したほうが勝率が高くなる可能性大!

大陰陽師

大見の勝ち星上位に与えられる称号です。

勝敗で+-10~のポイント増減です。

MVP等をとると勝ち点のポイント増加値がアップします。

今シーズンの場合、100ポイント前後あればなれるかもしれませんね!

ドラフトピックについて

お互い4・5番目の選択者が交互に使用禁止式神を選択します。

最初に使用禁止式神を選んだほうが、最初に式神を選択する権利があります。今回は左側の青側に選択権があります。

MEMO
この仕組みを利用し、強い式神をあえて使用禁止からはずし、最初に選ぶチームが取得する戦略があります。逆に自チームが最初に選択権がなければ強い式神は漏らすことなく使用禁止にするべきでしょう。

 

選択順番は最初に使用禁止を選んだチームからです。

①左1番目⇒②右1・2番目

③左2・3番目⇒④右3・4番目

⑤左4・5番目⇒⑥右5番目

 

【選択希望】自分が使いたい式神をチームメンバーへ知らせます。

【選択委託】選択権が上の人と自分の選択順番を変えます。

例:選択順番5番目の人が【妖狐】で選択委託を出し、1番目の人が了承した場合、5番目と1番目の選択順番が交代できます。

LOLでいうSwapですが所有していない式神でも交代できるのでとてもいい仕組みです。

視界要素の追加について

追加される要素の確認方法は「式神訓練」で同じ視界状況をプレイする事ができます。

自陣側の深い部分の視界は最初から確保されていますが、河部分にある視界は確保されておらず見えません。

開幕必ず自陣側のトップ・ボット側は確保しましょう。

視界確保しておかないとガンクされ放題・森荒らされ放題です。逆に相手の隙をついて相手側の視界を確保しましょう。

視界のとり方

表示されている円形内に一定時間居り、ゲージを全て自陣色に染めると視界の確保が完了です。

ミニマップの色を見れば取れているかどうか一目瞭然です。

ゲージの増減はエリア内にいる人数が多いほうのゲージが増えます。

1:1ならゲージの増減はなし、2:1ならこちら側のゲージが増えます。

一度式神訓練で試すほうがわかりやすいでしょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です