誰でもできる!メルカリで1日1件確実に商品を売る方法

メルカリ 1日1商品売る方法

他の副業に比べ、メルカリでの物販による副収入は非常に容易です。

商品を1日1件売れれば30日で30件です。

仮にその商品の利益が500円あれば月に500円×30日=15000円の利益になります。

出品作業、配送作業を含めても1日数分の作業時間です。

仮に1日3回の1回1分の出品頻度、配送を週に1回計7件分20分と所要時間を仮定します。

■月の作業時間 出品時間:3分(1日1分を3回)×30日=90分  

配送手続き:20分(週1回)×4(4週分)=80分

合計:90分+80分=170分(4時間10分)

■月の利益15000円

■自給 15000÷4(1/6)≒ 3600円

利益が1000円になれば2倍の30000円になります。

非常に魅力的な自給です!!

今日の人気記事
スポンサーリンク

誰でもできる!メルカリで1日1件確実に商品を売る方法

メルカリで確実に売れる商品とは?

絶対に損をしたくないという方向けの商品は「宛名ラベル」「梱包材」確実に売れます薄利多売になりますが数をこなせば余裕で月1万円の利益なら容易に売ることができます。

販売数を調節して500円以上の利益になるようにするものいいでしょう。おすすめは「300円出品」で招待ポイント狙いです。

ですがこれでは冒頭で紹介した1日に1件の販売では達成できません。出品頻度を増やし、販売数自体を底上げすれば可能ですが、配送手続きにかかる時間が若干増えます。

そこで以前紹介した商品の中で500円以上の商品を選択し、1日3回以上の出費をしてみれば最低でも1万円の利益は容易に出すことができます。ただシーズン物等は時期がはずれている可能性がありますのでしっかりチェックして下さい。

売れるために必要な事とは?

過去記事で詳しく紹介しています。

・購入者目線の商品写真

メルカリでは4枚の商品写真が掲載できます。 (2015年11月現在)

出来る限り分かりやすく、商品全体をおさめた商品写真を掲載しましょう。商品を撮影する際、背景は出来る限り「白」が好ましいです。たまにラグや畳、背景に生活感が出るように撮影している方がいますが、清潔感が無く、購入者に良い印象がありません。

・購入者目線の商品説明文

-商品の状態は正確に!(新品、中古など)

-検索キーワードを意識した説明文の工夫

・手の届く範囲の価格設定

他通販サイトの値段はある程度考慮する必要はありますが、絶対ではありません。

メルカリの他出品者の値段より高くても売れることはありますし、安くても売れない事はあります。ただ主婦層をターゲットにする場合、値段に細かい為価格設定はシビアに決めたほうがよいでしょう。

・常識の範囲内の出品者の評価

新規のユーザーは仕方がない部分ですが、評価100以上ある方は注意して下さい。基本「悪い」評価は1%以下にする事が望ましいです。

購入者の方にこまめにメッセージを送りましょう。送るタイミングは数日経ってからでも問題ありません。

最悪配送後の「配送完了メッセージ」だけは送って下さい。

売れる為には

最後は本人のやる気次第!

ですがメルカリの副業による収入は非常に再現性が高い方法です。

以下私が行ったことがある他物販についての簡単な感想です。

■AmazonのFBA(カテゴリー次第ですが基本10%~)+梱包・保管料等

PC必須、プリンター必須、バーコードリーダー有るとなお良い

メリット:Amazon倉庫に送りさえすれば後は自動

デメリット:事前準備が大変、手数料が決して安くない

■Yahooオークション、楽天オークション(5%~)

PC必須、プリンター必須

メリット:レア品は高騰する可能性がある、再出品の必要性無し

デメリット:商品の回転率が圧倒的に低い

■個人通販サイト運営(無料~)

PC必須、プリンター必須

メリット:手数料がほぼかからない

デメリット:集客が困難、売るためには集客用に結局宣伝費がかかる。

■メルカリ(手数料一律10%)

プリンターあると良い

メリット:非常に回転率がいい、相場が甘い

デメリット:出品が手間、事務局の気まぐれがある

メルカリは見て分かるとおり必須な物が他販路とは違いほとんどありません。ただ効率的にプリンターは合ったほうがいいでしょう。

毎日の生活の中で携帯を使い1日3回出品するだけで月1万円以上の利益が出せる方法はメルカリしかないと思います。

私のやっているhow-to、ノウハウは全てこのサイトに載せています。(まだ未完な部分があります)これをすれば月数万円の利益は容易です。ただ私のハードルと皆さんのハードルは当然違います。

私は数十商品の出品を1日3回、週1回で100件以上の配送手続きは苦ではありません。それによるバックが毎月10万は余裕で超えます。メインの収入を越すことはなかなか難しいですが、年間通して1回のボーナス以上は利益が出ます。

インターネットを使った物販のいい所は場所にとらわれないことです。極端な話、田舎の山奥や海の孤島でも出来ます。日本はインフラが整っているのでどこへでも配送ができます。

持て余している時間があるのであればぜひ一度試して見て下さい。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です