【2ファクタ認証】Google Authenticatorの馬鹿でもわかる使い方講座【仮想通貨】

仮想通貨の取引を行ううえでほぼ必須のアプリです。

 

個人的にはセキュリティー面で2ファクタを100%するべきだと思います。めんどうかもしれませんが、大切な資産を守るために必ず設定しましょう。

Google Authenticatorとは?

Googleが開発した二段階認証(二要素認証)を行うトークンソフトウェアである。AuthenticatorはユーザーがGoogleのサービスにログインする時に必要な通常のIDとパスワードと共に入力しなければいけない6桁の数字コードを提供する。また、LastPassやDropboxといった他社製のアプリケーションでもコードを発行することが出来る。

wiki引用

各取引所で2段階認証(2ファクタ認証)を設定する為に必要なアプリの1つです。他のアプリでも2段階認証の設定は可能ですが、おそらく一番使われているアプリでしょう。

 

Google Authenticatorのダウンロード方法

Google Authenticator

Google Authenticator
 
無料
posted with アプリーチ

Google Authenticatorの使い方

※設定する画面までの転移は違いますが、ほとんどの取引所で2ファクタの設定画面はほぼ一緒です。

手順

①QRコードの読み込み

②シークレットキーのメモ

③2ファクタコードを入力

設定完了

スマホへインストールした【Google Authenticator】を起動します。

2ファクタの一般的な設定画面はサンプル画像のようになっています。

QRコード(赤枠)を【Google Authenticator】で読み込みます。

 

Google AuthenticatorでQRコードの読み込み方

アプリを起動すると右上の【+マーク】を押し、下部より【バーコードをスキャン】、【手動で入力】が表示されます。基本的には【バーコードをスキャン】を使用します。※ADKの取引所のみ手動で入力を使用。

 

カメラの中央へQRコードを収めれば完了です。

 

2ファクタ設定でQRが読み込めない場合

先ほどの【バーコードをスキャン】の下にあった【手動で入力】を選択します。

  • アカウント:登録メールアドレスを入力
  • キー:シークレットキー(ピンク枠)を入力

 

QRコード(赤枠)のスクリーンショットの撮影、シークレットキー(ピンク枠)をメモします。必ず設定を完了させる前に行いましょう。

 

  • 取引所名が数字の上に表示されます。※海外取引所の場合、ないこともあります。
  • 数字の下に登録メールアドレスが表示されます。ドメイン後に取引所名が載る場合も有り。
  • 数字の右下にある円形は現在のコードの有効時間です。

スマホの画面に表示された2ファクタコードを緑枠へ入力すれば完了です。

 

注意
シークレットコードとQRコードは必ずとっておきましょう。2ファクタを設定しているデバイスが破損した場合、最悪一切何もできなくなる可能性もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です