【決戦平安京】ミッドのプレイガイド その①【スタートアイテム】

決戦平安京ではミッドレーン(真ん中の場所)はとても重要な役割を占めています。

このミッドプレイガイドは全4部構成になっています。

スタートアイテムの失敗は立ち上がりの失敗、しいては試合の負けにつながりかねません。最初から知識の1つとして覚えておくだけでも効果的なテクニックです。

絶対にものにし、ミッドで活用しましょう。

スタートアイテムは猟具火力武器

PTプレイの場合
あくまでソロプレイ前提の記事になっています。PTの場合、霊呪が特殊になります。ここはしっかりと念頭においてください。

猟具の使い方は以下記事を参照して下さい。

以前は猟具が鉄板でしたが、現在は猟具のサイレント修正、野良妖怪の経験値減少により鉄板ではなくなりました。

小見・大見ではほぼ確実にミッドレーナーは霊呪「降魔」を使い、初手で作るアイテムは猟具です。

野良妖怪を攻撃するだけで回復する事ができる猟具は神アイテムです。「降魔」は「治療」よりは確実にいい霊呪です。

一部式神では以前のまま霊呪を「伏」を使用し猟具ビルドも存在しますが、今は妖術の火力を増すほうが無難でしょう。

猟具のデメリット

  1. 霊呪が「降魔」を使用しないと購入することができず、強制的に「瞬歩」+「降魔」の霊呪になってしまう。
  2. 初心者の場合「治療」がなく、序盤の殴り合いで対面に負けてしまう可能性が大きい。
  3. 低レートの場合、「降魔」=森へ行く と勘違いされてしまいポジションが重なってしまう。

霊呪が固定される

小見・大見ではほぼこの霊呪です。低レート帯から慣れておくことにより、高レートになったとき困る事がありません。

特に序盤の治療がない状態だとHP管理がシビアになり、レーニングの練習にもなります。

序盤の殴り合い

ダメートレードという言葉があります。

相手から受けるダメージよりこちらが与えるダメージが高ければダメージ交換は成立しています。

こちらが相手に与えるダメージ > 相手から受けるダメージ です。

治療がない場合、ほぼ確実に序盤のダメージ交換は負けます。

 

ここで重要になるのがLv2スタートをするか、味方のガンクを待つ事です。

こちらについては次回以降で紹介します。

 

1つ覚えておく事は相手が「治療」を持っている場合、Lv1では殴りあわない事です。

行く場所被り

低レートで「降魔」を持つとほぼ森へ行くと勘違いされます。

これに関してはピック画面でしっかりとミッドレーンへ行くことを周知し、ロールが被らないようにするしかありません。

万が一ミッドレーンが2名になった場合

①譲らずミッドレーン2名でプレイする

②諦めて空いているレーンへ行く

トップなどソロレーンが空いていた場合、そちらへ移動するほうがいいです。

ただしどこへ移動しても2名のレーンになるのであればミッドで居座ったほうがいいです。

スタートアイテムのおすすめ法器は?

初心者の方:曼荼羅密経

中級者以上の方向け:伊邪那神意

マナ管理が面倒な方用:疑魂呪符(曼荼羅密経 の材料) + 伊邪那神意

霊呪は何を持てばいいのか?

必須で「瞬歩」

もう1つは修正前は「伏」一択でしたが、現在はさまざまな選択肢があります。

治療:初心者はこれが安定です。

俊足:ガンクからレーン復帰まで用途はさまざまです。

役霊:使い方がわかる方用

浸蝕:殺意高い方はありかもしれませんが、使いこなせないと無意味な霊呪になるので注意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です