【決戦平安京】トップのプレイガイド その③【上達のコツ】

決戦平安京ではトップレーン(上の場所)は比較的役割が難しくなく初心者でもプレイしやすいロールです。

このトッププレイガイドは全3部構成になっています。

第1回:基本知識編

第2回:レーニング

第3回はトップレーン上達のコツです。

トップレーンでうまくなるには?

Youtube版フル動画はこちら

すべては上の動画につまっています。

  1. 序盤のレーニング
  2. レーンフリーズ方法
  3. ダメージトレード
  4. 低レベル帯の森荒らしへの寄り
  5. ミッドへのレーンサポート
  6. ボットレーンへの「行」を使ったガンク方法
  7. 集団戦でのフォーカスの仕方

 

今までトップガイドで解説した方法 プラスアルファの内容がすべて詰まっています。

うちの寮でトップが一番うまいプレイヤーの方の動画です。音は諸事情によりカットされています。

レーンフリーズとは?

動画の序盤に出てきていますが、妖怪の処理をコントロールし相手にレーンを押させる方法です。

Youtubeの参考動画

MEMO
他ゲームの解説動画ですがとても参考になる内容です。ここで解説されている方法は決戦平安京でも実践可能です。LOLと比べてマップが狭いのでレーンフリーズは可能ですが、ゾーニングを行うより相手タワーに押し付けて森を荒らすほうが効果的でしょう。

これにより忍がガンクし辛い環境を作り、安全にレーニングが可能になります。

装備のカスタマイズ

テンプレ装備を作っておくことはとても大切です。

ですが毎回同じ装備をただ使っているだけでは無意味です。しっかりと相手構成にあわせた装備を使う必要があります。

装備の決め方

・レーンの対面に合わせる

・相手の構成に合わせる

・HPを上げるのは大切

 

対面の式神に合わせる

トップでよく見る光景ですが、吸血姫を相手にする場合

初手で「九天穹の翼」を購入するのは1つの対策です。

「伏」を持っているからといって最初に猟具を買う必要はありません。

相手の構成に合わせる

相手の構成が妖術・物理のどちらかに偏っている場合、その偏りに合わせて装備をカスタマイズします。

自分の対面だけではなく、相手の構成も考慮して装備を組むようにしましょう!

HPの大切さ

初心者の方によく早い段階での「殺生石の鎧」を作成しているのを見かけます。

【上昇能力】

+150防御

効果

会心を受けるとバリアを1つ獲得し、その会心ダメージ15%の物理ダメージを吸収する

通常攻撃を受けると相手に反撃して、自分の防御値+15%受けたダメージを15%を無効にする妖術ダメージを相手に与える。

+150防御と特殊能力はとても魅力的ですが、序盤はまずベースHPがありません。

HPがないにもかかわらず物理防御・妖術防御を上げても耐え切れません。

最初はベースHPが上がる防具から作成することをおすすめします。

レベル差を考える

序盤にLv差が2つ以上ある時は絶対に戦ってはいけません。

装備1つ分以上の差があると考えましょう。ソロキルはほぼ無理でしょう。

吸血姫を対面にするとLv先行されることが多くありますが、無理せず忍やミッドと協力して倒すようにしましょう。

 

Lvが負けている時は無理に倒そうとせずレーンをフリーズし、倒すチャンスを待ちましょう!

行を活用する

リコール⇒ボットレーンへガンク⇒トップレーンへ行を使う は問題ありませんが、リコール後⇒ただ単に自分のレーン復帰に「行」を使うのは絶対やめましょう。

せっかく好きなタイミングで他のレーンへ助けにいける霊呪なので有効活用しましょう。

 

冒頭で紹介した動画のとおり、ガンクに対してのカウンターガンクで行を使うのが一番効果的です。

その為にも逐一マップを見る癖をつけたほうがよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です