【決戦平安京】トッププレイガイド【まとめ】

決戦平安京ではトップレーン(上の場所)は比較的役割が難しくなく初心者でもプレイしやすいロールです。

このトッププレイガイドは全3部構成になっていました。

  • STEP.1
    知識
    トップをプレイするにあたっての知識
  • STEP.2
    レーン戦の重要性
  • STEP.3
    上達
    トップがうまくなるには?!

トップレーンの重要性

ミッドレーンと比べて初心者でも練習しやすいレーンだとは思います。

1:1且つ忍からのガンクも一定方向からの可能性が高いのでプレイヤースキルの高い・低いで一方的にやられてしまいかねない場所でもあります。

どのレーンでも当たり前ですが、まず初心者は相手を倒すことより負けない事を考えてプレイしましょう!

基本知識

【決戦平安京】トップのプレイガイド その①【基本知識】

まず1・2体得意な式神を決めます。

個人的には1体目「化け狸」を圧倒的におすすめします。

先日の2018/07/13アップデートで以前から強かった化け狸が強化され、現環境ではトップクラスの性能になっています。

2体目は火力よりの「烏天狗」or「覚」が良いでしょう。

化け狸同様こちらもアップデートで強化が入っています。

対面に合わせたアイテムビルドが作れるようになれば一人前のトップレーナーでしょう!

レーニングは大切

【決戦平安京】トップのプレイガイド その②【レーニング】

どのレーンでも必ずレーン戦は大切です。

1試合で序盤から終盤まで全式神に共通していえることですがラストヒットを落とさない事です。

お互い平等に割り振られる妖怪に対して、いかに相手よりうまくラストヒットをとり、相手のラストヒットを落とさせるかが大事です。

相手のキルゾーンと自分のデスゾーンをしっかりと見極め、レーン戦を有利に運びましょう。

勝てないときは諦めてタワー下でファームしたり、最悪タワーを捨てて序盤のデスは防ぎましょう!

トップレーンを上達する為には?

【決戦平安京】トップのプレイガイド その③【上達のコツ】

マップを良く見る

野良妖怪の経験値現象によりトップレーナーの「伏」もちが激減しました。

合わせてお手軽だった吸血姫がかなりの下方修正。

 

逆に、黒無常や覚といったパワー系の式神が強化されました。

 

パワー系式神は攻めの霊呪をつむことが多く、「行」をあまり持ちません。

相手が「行」なし、こちらは「行」ありではかなり戦略の幅が広がります。

 

マップを見なければ「行」は意味がありません。

リコールしてトップレーンへ戻る為だけにリコールを使うのは意味がありません。

これだけは絶対にやめましょう。

 

相手のボットガンクに対してカウンターで「行」を決めるだけで試合が決まったり、大負けからひっくりかえることさえあります。

それほどに「行」は強力です。

 

この強力な霊呪を使いこなす為にもマップはこまめに確認しましょう!

使える式神のレパートリーを増やす

自分が使える式神は立ち回りがわかります。

相手に自分の使える式神がこれば対策がわかります。

結果、レーニングにおいて有利に運ぶ事ができる可能性が上がります。

 

勝てる可能性を少しずつ積み重ねていく事がうまくなるコツの1つでしょう。

勝てない時は普段とは違う式神を練習するのも1つの方法です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です