【実績公開】メルカリ初めて15ヶ月目。2015年12月実績結果

メルカリ実績2015年12月

あけましておめでとうございます。

今年も1年よろしくお願い致します。

今年は月10記事は更新できるようがんばっていこうと思います。

2015年12月は一度だけキャンペーンがありました。11月がキャンペーンが多かったこともあり月に1度キャンペーンがある事が当たり前と思っている方がいるかもしれませんが、基本メルカリでイベントはありません。

イベント結果ですがほとんど売上に反映されませんでした。

■まとめ売り出品キャンペーン

期間:2015年12月7日(月)15:00~12月18日(金)23:59まで

今日の人気記事
スポンサーリンク

全部見せます!メルカリの2015年12月実績結果

2015年12月の実績

メルカリ実績2015年12月

メルカリ実績2015年12月

日別の売上

1位---10日 木曜 \28,308
2位---04日 金曜 \20,435
3位---14日 月曜 \18,216
4位---21日 月曜 \17,197
5位---28日 月曜 \16,365

2015年12月の振り返り

仕事のトラブル続きで1年を通して一番メルカリに力を入れることができなかった月でした。過剰に仕入れてしまった在庫もあまりうることが出来ず。。。

来年の確定申告に向けた事務処理が大量にあり、領収書の整理で年末はつぶれました。

メルカリで確定申告は必要?

1. 給与所得がある方

  • 給与の年間収入金額が2,000万円を超える方
  • 給与を1か所から受けていて、各種の所得金額(給与所得、退職所得を除く。)の合計額が20万円を超える方
  • 給与を2か所以上から受けていて、年末調整をされなかった給与の収入金額と、各種の所得金額(給与所得、退職所得を除く。)との合計額が20万円を超える方

    (※)給与所得の収入金額から、所得控除の合計額(雑損控除、医療費控除、寄附金控除及び基礎控除を除く。)を差し引いた金額が150万円以下で、更に各種の所得金額(給与所得、退職所得を除く。)の合計額が20万円以下の方は、申告は不要です。

  • 同族会社の役員やその親族などで、その同族会社から給与のほかに、貸付金の利子や資産の賃貸料などを受け取っている方
  • 災害減免法により所得税及び復興特別所得税の源泉徴収税額の徴収猶予や還付を受けた方
  • 在日の外国公館に勤務する方や家事使用人の方などで、給与の支払を受ける際に所得税及び復興特別所得税を源泉徴収されないこととなっている方

2. 公的年金等に係る雑所得がある方

公的年金等に係る雑所得のみで、公的年金等に係る雑所得の金額から所得控除を差し引くと、残額がある方は確定申告書の提 出が必要です。ただし、公的年金等の収入金額が400万円以下で、かつ、公的年金等に係る雑所得以外の各種の所得金額が20万円以下である場合には、所得 税及び復興特別所得税の確定申告は必要ありません。

(注1)所得税及び復興特別所得税の確定申告が必要ない場合であっても、所得税及び復興特別所得税の還付を受けるためには、確定申告書を提出する必要があります。

(注2)所得税及び復興特別所得税の確定申告が必要ない場合であっても、住民税の申告が必要な場合があります。詳しくは、お住まいの市区町村の窓口にお尋ねください。

3. 退職所得がある方

退職所得は、一般的に、退職金の支払の際に支払者が所得税及び復興特別所得税を源泉徴収するだけで所得税及び復興特別所 得税の課税関係は終了するため、確定申告は必要ありません。ただし、外国企業から受け取った退職金など、源泉徴収されないものがある方は、確定申告書の提 出が必要です。

4. 1~3以外の方

各種の所得金額の合計額(譲渡所得や山林所得を含む。)から、所得控除を差し引き、その金額(課税される所得金額)に所得税の税率を乗じて計算した税額から配当控除額を差し引いた結果、残額のある方は、確定申告書の提出が必要です。

(注)上記の1~4で確定申告書の提出が不要な場合であっても、上場株式等に係る譲渡損失と配当所得との損益通算及び繰越控除の特例などの適用を受ける方は確定申告書の提出が必要です。

確定申告手続き 引用

 

 

長々と記載がありますが要約すると以下の通りです。

※以下に該当しない方でも確定申告が必要な場合があります!!

 

確定申告が必要

・会社の給料以外に所得がある---メルカリを副業でやっている方はこれにあたると思います。

・個人事業主としてやっているーーー専業の方です

・年収2000万円以上、財産の相続、不労所得がある等多数ありますがあまりこの記事を見ている方には関係ないかもしれません。

 

 

確定申告が不要

・会社の給料のみ

・主婦や学生で、収入はゼロまたはほとんどない

・メルカリでお金を得ているが年間通して利益が20万円未満

 

マイナンバー制度も実装され、今後は口座情報まで紐づく予定です。確定申告が必要な方は絶対に申告しましょう!!

 

どうすればいいか分からない方は管轄の税務署に書類一式もって伺えば丁寧に教えてくれます。確定申告シーズンには近場の文化会館等で書類作成を手伝ってくれる機会が設けられますが、本当に混んでます。できる事なら1月中に作成するほうがいいでしょう!!

 

 

近場の会場は以下参照

https://www.nta.go.jp/sonota/sonota/osirase/heichoubi.htm

 

必勝!!メルカリの販売テクニック

メルカリは出品頻度が売れ行きに直結します。売れなくても諦めず1日に3回(朝、昼、晩)出品商品全てを再度出品しましょう。「いいね」が付かない商品でも売れます。1ヶ月販売して1つも売れなければ、需要がないと諦め、原価で処分しましょう。

私の取り扱う雑貨系は、利益率は高いもので70%、低いものでも30%は確保できてます。客寄せ用に利益率10%以下の商品を使い集客するテクニックもありだと思います。

販売するおすすめなカテゴリーは「雑貨」です。

■送料が安い

■価格が安価

■消耗品等もあり消耗サイクルが早い

■メルカリを利用するユーザーのニーズにあっている

メルカリのユーザーニーズにあっており非常におすすめです。同様の理由でコスメ・美容グッツ関連の販売も需要は高いです。ただ法律など販売する上での知識が必要です。安易に販売し、法に触れないよう気をつけましょう!

 

女性をターゲットにしている商品が一番売れやすく、ニーズにあっています。

メルカリ利用ユーザー調査記事(記事中央下)

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です