【ウォーソング】クリントが壊れてる。序盤最強ミッド無双!使い方

ミッドレーン(真ん中)でのクリントの運用方法をご紹介します。

クリントミッドの使い方

大前提として、対面に絶対に負けないが条件です。敵のサイドレーンから早い段階でガンクされる可能性があります。

おすすめ汎用スキル
隠れ身
(5.0)
瞬間移動
(4.0)
観察眼
(3.0)

私はマップをかなり頻繁に見るので【観察眼】を愛用しますが、通常は【隠れ身】のほうがいいでしょう。

観察眼は動画のようにスキル3とあわせて使います。

クリントのアイテムビルド

初手はバーサ靴がド安定です。

アサシンエッジ

キングスレイヤー

スウィフトブレード

までは固定化しています。

シャギーブレード】、【ブラッドスターブ】の選択肢から選ぶといいでしょう。状況に応じて【サムソンハンマー】もアリです。

序盤のミッドレーンでの動き

対面次第で動き方が違います。

基本形は【スキル1】から入り、通常攻撃を行い距離をつめ【スキル2】を当てる作業を繰り返します。

MEMO
【スキル2】使用最中に【スキル3】を使うことを忘れないようにしましょう。

メイジの場合

ひたすらハラスを続けましょう。必ず【スキル2】を当てましょう。【スキル1】⇒通常攻撃⇒【スキル2】が入れば相手は帰還するか前には出れません。ミッドレーンは勝ち確定です。

マークスマンの場合

最初に森の中立ミニオンを1匹処理してから始めましょう。相手は何も気にせずレーンを押せ押せ⇒結果ミニオンの経験値ロスはありません。

2Wave目でLvが専攻できるのでキルチャンスです。参考動画ではWaveのミニオンを処理せずゾーニングをしています。あまりウォーソングでは聞きなれない言葉ですが覚えておいていいテクニックの1つです。

ゾーニングとは?

ゾーニングとは、敵を自分のゾーン(AAやスキルの射程内)に入れないようにして、LHや経験値の取得を邪魔するテクニックです。

簡単に言うと
 1.ハラスをしてHPを減らすことで、敵が前に出れない状況にする
 2.プッシュせずに、自分のタワー手前にミニオンの位置を調整する

この状況が続くと、敵はLHや経験値が取れないため成長度に大きな差が生まれます。

多人数を相手にする時

無理に押さず、スキル2を駆使してレーンを維持するといいでしょう。チャンスがきたら攻めましょう!序盤は【スキル2】が壊れている性能な為、多少無茶して人数差ある戦いをしてもクリティカル運次第では動画のように勝てます。

対面で苦手なヒーロー

1位:アグナル

1Wave目のLv1ファイトは勝てる可能性がありますが、相手がWaveの処理を終え、森で中立3匹処理した場合、Lv4になるので勝てません。【隠れ身】から奇襲された場合、【隠れ身】を持っていなければ逃げれません。反応悪いと負けます。

2位:クリント

ミラーでの対面勝負がかなりつらいです。【スキル2】をうまく当てたほうが勝ちです。ゾーニングでレベル先行する事も大切です。

3位:シーナ

Lv4先行されてはいけません。かなりしんどくなります。Lv4になる前にどれくらい相手を削る事ができるかが勝負です。

集団戦での動き

マークスマンでやってはいけない事の1つにタンクを狙うことです。

ですが、クリントの場合は例外でスキル2のクリティカル全弾ヒットするとタンクでも簡単に倒す事ができます。

注意
相手のマークスマンやメイジが狙える時は必ずそちらを攻撃しましょう。

最初は難しいかもしれませんが、【スキル1】⇒通常攻撃⇒【スキル2】⇒通常攻撃⇒【スキル3】を流れるように回せることが大切です。

 

【瞬間移動】や【隠れ身】を持っている場合、スキル2⇒スキル3で打つといいでしょう。

MEMO
スキル3はターゲットさえ取れば、打つ前に範囲外やハイド状態になってもダメージが入ります。

見た目以上に通常攻撃やスキル1の範囲は広く、相手から攻撃を受ける範囲外から一方的に殴れます。通常攻撃と【スキル1】の使い方がクリントのうまい下手を分ける部分の1つになります。

 

通常攻撃をする時は棒立ちにならず、常に動き回りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です