【画像付き】売上金の振込み申請方法!メルカリポイントの利用は気をつけろ?!

メルカリの振込み申請方法を図解含め紹介します。

以前は1年間の猶予がありましたが、ルール変更により90日のサイトに変わりました。

また商品を購入する際、今までは売上金でそのまま購入できていましたが、現在は一度売上金⇒メルカリ内ポイントに変換しないといけないようになりました。

メルカリの売上金の振込とは?

メルカリで販売した売上金は自分自身で振込み申請をするか、90日経過して自動的に振込みされるかのどちらかしかありません。

振込み申請する時の注意点

売上金の有効期限の変更により、メルカリの使用者登録が必須になりました。

メルカリメニューより【設定】⇒【本人情報】⇒情報登録

ここに登録している名義と振込み先名義が一致しないと振込みができません。

MEMO
一度登録した本人情報から他人の内容へ編集が可能です。

昔は家族名義でも振込みできましたが、現在は出来ません。

メルカリに登録する名義は振込み名義と一緒に!

振込スケジュールは?

  • 振込申請の締め切り:毎週月曜日
  • 振込み日:締め切り日から数えて4営業日目
  • 振込履歴・申請内容の確認方法:設定>売上・振込申請>振込申請履歴

基本は金曜に振込みされると覚えておくと楽でしょう。

振込申請日振込日
【5月】
5/1〜5/75/11(金)
5/8〜5/145/18(金)
5/15〜5/215/25(金)
5/22〜5/286/1(金)
5/29〜5/316/8(金)
【6月】
6/1〜6/46/8(金)
6/5〜6/116/15(金)
6/12〜6/186/22(金)
6/19〜6/256/29(金)
6/26〜6/307/6(金)
【7月】
7/1〜7/27/6(金)
7/3〜7/97/13(金)
7/10〜7/167/20(金)
7/17〜7/237/27(金)
7/24〜7/308/3(金)
7/31〜7/318/10(金)

売上金の有効期限が切れたらどうなるか?

常習的に売上がある方はあまり関係ないかもしれませんが、日用品の不要なものを時々売る方は気にされたほうがいい内容になっています。

まず売上の振込み申請にはルールがあります。

  • 売上金が211円以上であること
  • 1万円以上の場合、振込み手数料は無料
  • 1万未満の場合、210円の手数料が必要

2018/5/21の売上金は2018/8/20に有効期限が切れます。こうなった場合残りの売上金含めどうなるか不安だったので事務局へ確認しました。

3ヶ月間で売上金が1万未満だと210円手数料を払う必要があるという事です。

ポイント:メルカリで不用品を売る場合、3ヶ月間で1万円を目安に?!

売上金で購入できなくなった弊害

いろいろな大人の事情でメルカリの売上金でそのままメルカリ内で買い物ができなくなりました。

結果、売上金⇒メルカリポイント(1ポイント1円)で購入し、その購入したメルカリポイントを利用して商品を買います。

購入した商品がキャンセルになった場合

昔のポイント制度がなかった場合は売上金として返金されていました。

ですが現在の仕様ではポイントとして返金されます。

ここで問題が1つ。特定の商品を買うためだけに、メルカリポイントをわざわざ購入し商品を買うも不本意ながらキャンセルされてしまい手元には使い道のないメルカリポイントのみ残る状況です。

ポイントを利用してキャンセルにあった場合のメルカリガイドの回答です。

安い商品であれば納得もできるかもしれませんが、高額商品を売上金をポイントにして購入するのは絶対にやめたほうがいいでしょう。

ポイント 高額商品はメルカリポイント以外の方法で購入する!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です