【初心者必見】メルカリで宛先を間違えて配送してしまった時の対処法

【初心者必見】メルカリで宛先を間違えて配送してしまった時の対処法1

メルカリで郵政の配送手段を使い宛先を間違えて配送してしまった時の対処法を紹介します。

相手側の登録住所のミス、こちらの宛先の記載ミスなど様々な状況がありますが一度配送した商品の取戻しは配達郵便局で取戻しする場合410円、他の郵便局の場合は570円かかります。

今日の人気記事
スポンサーリンク

郵便局の取戻し請求とは?

取り戻し請求(とりもどしせいきゅう)とは、一度郵便ポストに投函した郵便物や、窓口から差し出した郵便物を配達しないで差出人に返還するための請求請求方法は、郵便局の窓口やゆうゆう窓口に請求人が出向き、自身の身分証明書を提示した上で、差し出した郵便物の種類・形状・通数・行き先・差出人を窓口担当者に申し出る。

Weblio辞書抜粋

一度郵便局の窓口で手続き、郵便ポストへ投函してしまった荷物の取り戻しは書面を介して行う必要賀あります。

ポストに投函した段階で間違いに気づき、ポスト前で集荷の人が回収に来るまで待ってもその場で取り戻すことは出来ません!

取戻し請求に必要なものとは?

近場の郵便局へ出向き書面を貰う必要があります。

念のため本人確認書(免許証など)を携帯しておくといいでしょう。

必要項目

1.請求の種別(宛名の変更請求、取戻し請求、差出後の配達証明請求、代引引換取消請求、代引引換金額変更請求)

2.請求人電話番号

3.請求書

  • 請求の種別
  • 差出:年月日
  • 差出場所及び時刻
  • 郵便物の種類
  • 引受局記号及び引受番号
  • 受取人住所氏名
  • 請求事項
  • 請求人住所氏名
  • 郵便局使用欄
  • 摘要

費用

配達郵便局の場合410円

他の郵便局の場合は570円

取戻する為の流れ

1.メルカリの購入者へ連絡

2.郵便局の窓口へ伺い、書面を記載のうえ手続き

3.取戻し商品が自宅へ返送

4.購入者へ連絡のうえ、再送

事前に追跡番号などがあるのであれば受取人の管轄の郵便局を調べ、先に電話を入れておくといいでしょう。取戻し手続きをする必要はありますが、局留めで配送はされずに止めておくことができます。

電話一本入れておくだけで営業時間内に取戻し手続きをすれば即日返送手続きがされます。はやければ1、2日で戻ってきます。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です