メルカリトラブル回避!出品者目線でわかって欲しい3カ条!

出品者目線で購入者にされると困る行為・わかって欲しい事を紹介します。

当然出品者が購入者へ真摯に対応するべきですが、以下で紹介する背景がある事もあります。

頭ごなしにクレームを付けるのではなく、出品者とトラブルにならない為にも購入者は以下の内容を理解して頂けると助かります。

こんな記事も過去に書いていますので一度チェックしてみて下さい。

今日の人気記事
スポンサーリンク

メルカリトラブル回避!出品者目線でわかって欲しい3カ条!

・取引メッセージ・コメントの返信が遅い。

1件/1日新規取引がある程度であれば十分対応できる範囲です。この程度メッセージの返信が遅いのであれば怠慢です。心置きなく「悪い」評価でいいでしょう。

ですが数十件/1日の取引がある出品者ですと2日で最低でも20件、1週間で70件の新規取引が増えます。私は「やることリスト」が常時100を超えています。

list100over

「やることリスト」の最大数は以前は99以上になると99+でした。今は三桁の999+が最大値ではないかと推測できます。

判断基準は評価が4桁以上であればそれなりに取引数をこなしている可能性があります。

このような状態でコメント・取引メッセージを頂いても他メッセージに流され気づきません。故意に返信しない訳ではなく、気づいておらず返信できていない可能性があります。

24時間メッセージのレスポンスが無い程度は寛容な気持ちで対応して頂けると助かります。また緊急性を要する内容であれば、夜(20:00以降)に追いのメッセージを送るときづきやすいと思います。

※日中仕事をしている副業でメルカリを利用している方もいます。

・即購入しないのに「購入します」を無駄に打たない。

このコメントを貰った出品者は、買って頂けると判断します。それに伴い在庫の除算、同商品の新規出品、コメントへの返信をします。

よくあるやり取りを例に紹介します。

購入者:購入します。

出品者:購入下さい。

購入者値引きできませんか? -----①

出品者:無理です。

購入者952円しかありません。どうか値引きして下さい。 -----②

出品者:無理です。

購入者では、値段を提示して下さい。 -----③

出品者:値下げはできません。

購入者では、検討します。 -----④

私は①の段階でスルーしたい気持ちもありますが、購入後評価で悪いを貰いたくない為毎回返信はします。「購入します」とコメントしてから値引きする購入者が非常に多いです。

1つ数十円~数百円の値引きをした場合、出品者は月にいくら損をすると思いますか?

購入者はたかが数十円~数百円いいでしょ?と思うかもしれませんが、出品者にとっては月数万円の損失です。

私の場合は大体月500点以上は販売してます。

1つ100円の値引きをした場合、月で5万円の利益損失です。

安易な気持ちで値引きしているかもしれませんが出品者にとっては死活問題です。

②の残りポイントが●●しかありません。そんな事は出品者は知りません。お金がないのであれば貯まってから買って下さい。若い方に非常に多い値切り方です。

値段を提示するのは購入者で出品者ではありません。勘違いされている方が多いですが、こちらは販売価格が購入して欲しい値段です。値切るなら払える最大限の価格を購入者が提示するものです。勘違いはやめて下さい。

④ 検討しますを使う方が非常に多いですが、正直な所こんなやり取りをする方に購入の検討をして頂く必要もありませんし、むしろブロックしたいです。

こちらが提示した金額に対して検討しますの使い方であれば理解できますが、自分で購入しますからやり取りを始めて「検討します」とはいかがなものでしょうか。

・購入後執拗に到着日を聞かない

出品者だからといっていつ届くかは分かりません。利用するサービスによってはある程度の予定は記載されていますが必着ではありません。不用意に到着日を回答し、トラブルになりたくありませんので極力曖昧に答えます。

早急に欲しいのであれば別途速達オプションを付け到着が早いサービスを利用して下さい。

到着が遅かったからといって頭ごなしに「悪い」を付けることはせず、消印や手続き日を一度確認し、出品者の申告どおりであれば配送業者にやかって下さい。手続き日を偽っている出品者であれば「悪い」評価をして下さい。

現在郵政の配送手段はエリアによっては非常に遅れます。(マイナンバー関連)本来であれば1、2日で到着するエリアで1週間かかったこともありました。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です